Menu

カタログ

多くの人に喜ばれる贈り物

カタログギフトを引き出物として選ぶ場合には、ネットショップやギフトショップで購入することができます。また、ネットショップの場合には、割引やポイントなどを利用することが可能です。カタログギフトには、期限がありますので、受け取り忘れのないように注意しましょう。

贈り物

身内に慶事があったとき

近所づきあいが疎遠になっている現代では、「内祝い」そのものを知らないために、やらずに済ませてしまう家庭があります。慶事に必須の内祝いについては、ネット通販サイトで丁寧に説明しているところもあるので、有効活用してみるといいでしょう。

お礼の贈りもの

内祝い

お祝いのお返しとして

内祝いとは内輪のお祝いのことで、身内や親しい人へ喜びのおすそ分けとして贈り物をします。現在では、お祝いをしてもらった方へのお返しとして、記念品を贈ることが一般的です。内祝いにも種類があり、結婚祝い、出産祝い、新築祝い、開店・開業祝い、快気祝いなどがあります。結婚祝いは、披露宴での食事や引き出物がお返し代わりになりますが、披露宴に招待しなかった人からお祝いをいただいた時は、内祝いとしてお返しを贈ります。出産祝いは、お祝いをいただいた方に贈ります。赤ちゃんの名前で贈るのが特徴です。新築祝いは、新居に招いておもてなしすることがお返しになります。自宅に招けなかった方には、内祝いとしてお返しをします。開店・開業祝いは、お祝いのパーティーを開く場合、招待することでお返しになります。帰りには、引き出物などを渡すことが多いようです。会を開かなかったり、来ることのできなかった方へは内祝いとしてお返しをします。快気祝いは、お見舞いをいただいた場合、病気の回復後1週間から2週間ほどたってお返しをします。内祝いの金額の相場は、いただいた金額の半額から3分の1が目安です。職場や友人から連名でいただいた場合は、半額程度の物をまとめて贈ると良いでしょう。個別に贈る場合は、予算を人数分で割った額の物を選びましょう。内祝いの商品はどれを選ぶか迷います。出産祝いであれば、タオルセットやお菓子などの詰め合わせなどがよく選ばれます。結婚祝いは、タオルや食器、スイーツなどが人気のようです。快気祝いは、石鹸や洗剤などの消耗品やお菓子などがよく選ばれるようです。内祝いに贈る商品が多すぎて選ぶのに困ったら、フリーチョイスのカタログを贈るという選択もあります。もらった人が好きな物を選べるので、気を使わなくてもよいです。

男女

もらった金額で決まる費用

お祝いをいただいたら内祝いを返すのが大切です。本来的意味とは違いますが現在では内祝いはお返しという意味で使われています。金額はいただいた金額の半額から三分の一程度が相場です。品物は消耗品がふさわしいですが、相手の喜ぶ物を考えるのも大切です。
冊子

贈り物の選び方

引き出物を考える場合、どのようなものを選べばよいか悩むケースがある。そのような場合には、カタログギフトが最適である。カタログギフトでは、価格帯により選べる商品が異なったり、食品中心のものなど様々ある。

風呂敷

出産や快気祝いに贈ろう

メール1本でどんなお知らせも済ませてしまえる時代だからこそ、滅多にない身内の慶事には、内祝いギフトを贈ると喜ばれます。幸いネット通販ではギフトの種類も豊富で、熨斗紙や包装紙も選べますし、二重包装にしていったん自宅へまとめて送ってもらうこともできます。

Copyright© 2018 内祝いの種類をチェック〜現在は記念品を贈ることが一般的〜 All Rights Reserved.