Menu

出産や快気祝いに贈ろう

風呂敷

身内のお祝いに際して

身内におめでたいことがあると、当然周囲にお知らせすることになるでしょう。例えば無事に済んだ出産や重症からの快気の喜びは、黙っていては伝わりません。そんなときにするのが「内祝い」です。こんなに喜ばしいことがあった、と百貨店や通販などでギフトを用意して伝えるのです。昨今ではどんなことでもメール1本で済ませてしまう風潮がありますが、人生にそう何度もない喜ばしい出来事については、やはり内祝いを贈るべきでしょう。もっとも、内祝いを贈る前に祝いの品が送られてくるケースも多々あります。例えば遠方にすむ友人から出産祝いが届いた場合は、内祝いはお礼を兼ねることになります。この場合、受け取ったお祝いの品の宛名が両親であっても、内祝いの熨斗紙に書かれる差出人の名前は生まれてきた子供の名前とするのが一般的です。難しいようですが、内祝いに厳しい作法などはありません。要は身内の祝い事について気持ちを伝えたい、お知らせしたいという点が大切なのです。そしてまた、先にお祝いを受け取ってしまった場合については、お礼の気持ちを載せることが大事です。何でもメールで済ませても許される時代になってしまいましたが、だからこそあえてギフトという目に見える形を選ぶということが、気持ちを表すことにもつながっていると言えるでしょう。幸い、ネット通販はそういった方面でも活躍しています。いまや通販で買えないものを探すほうが難しいですし、熨斗紙や包装紙も選べるようになっています。通販だと先方に失礼だと思う場合は、いったん自宅に二重包装で送ってもらうこともできるので、活用を考えてみるべきでしょう。

Copyright© 2018 内祝いの種類をチェック〜現在は記念品を贈ることが一般的〜 All Rights Reserved.