Menu

もらった金額で決まる費用

男女

選ぶときの基準

結婚祝いや出産祝い、新築祝いなど様々なお祝いをいただく機会が人生にはあります。ある程度以上の金額をいただいた場合は、内祝いとしてなんらかのお返しをするのがマナーといえます。内祝いは本来しあわせのおすそ分けとして自発的に配るものをさしますが、現在ではお返しという意味合いが強くなっています。内祝いの金額は、いただいた金額の半額から三分の一というのが相場です。あまりに高額な場合には三分の一程度か気持ち程度でも問題ないとされています。逆に相場よりも高い金額で返すと贈った方の気持ちに対して失礼なので、相場は守った方がよいでしょう。また贈ったときに「内祝い不要です」と言われた場合は特に贈らなくても問題ありません。気になる場合はお礼状を後日出すとよいでしょう。内祝いを選ぶときの基本は、いくつもらっても困らないものという基準で選ぶことです。結婚祝いなどは一度きりということが多いですが、内祝いは何回ももらうことがありうるためです。食べ物、飲み物、洗剤、タオルなどの日用品といったものが一般的によく贈られています。また贈るときは金額や一般的な品物かも大切ですが、相手に喜ばれるかもポイントです。子供のいる家庭では子供が喜ぶような飲み物やお菓子、お米などが喜ばれます。一人暮らしの場合は日持ちがするものや生活スタイルに合うものかよいでしょう。わからない場合はカタログギフトを贈るのも一つの手です。臨機応変に考えるのが大切です。

Copyright© 2018 内祝いの種類をチェック〜現在は記念品を贈ることが一般的〜 All Rights Reserved.